あなたにとって健康のバロメーターは何ですか?

私は、元気が空回りしている時や、食事を食べなくてもちっともお腹が空かない時、
眠れない時などに、「何だか体がおかしいぞ」「元気じゃないぞ」と感じます。

こういう感覚は人それぞれですが、まだ自分の意思をしっかり伝えられない子どもの場合、
大人が不調にいち早く気づいてあげたいものです。

その一つの目安として、この時期は特に「肌の乾燥具合」をみてほしいなと思います。

中医学では古くから「肺は皮毛をつかさどる」と伝えられています。
皮毛=肌のこと。
お互いに密接な関わりがあるので、影響し合うのです。
空気がどんどん乾燥していくと、肌も当然ですが乾燥していきます。
肌が乾燥していると、精神的に落ち着きがなくなりますし、呼吸器系のトラブルを招きがちです。
特に、これから秋に向かってどんどん空気が冷たく乾燥していき、肺に影響します。
お肌のケアをして、咳や鼻水などの呼吸系トラブルを防ぎましょう。

特に、夏場は足元が意外に乾燥しています。
(靴下を履かない、サンダル履きが増える、水に触れる機会が増えるなどなど・・)
お子さんが体調不良の時は、足周辺の肌が乾燥しているかどうかチェックしてみてください。
我が家の場合は、マッサージ用アロマクリームを塗りつつ、水分代謝と関係する反射区を
ゴリゴリっと押します。

お盆を過ぎるととたんに朝晩は涼しい風が吹いて秋の装いになります。
肌の乾燥と同時に、空気の潤いや服装の調節も忘れずに行いましょう〜

20140616-192123

アロマセラピスト 菅真美さんのフットクリームは、当サロンでも使用しています。

広告